10,800円以上お買い上げで送料無料

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

未成年の方への酒類の販売は行っておりません。
商品コード: G-002

みろくや ちゃんぽん・皿うどん(揚麺)詰合せ[C-48]

販売価格(税込): 5,443
内容量:ちゃんぽん100g×8、皿うどん(揚麺)60g×8、(各スープ付)
賞味期限:3ヶ月間(常温冷暗所)

みろくやの商品は、ご家庭で面倒なスープ作りをしなくても、特別な材料を用意しなくても、本来の旨味や味が楽しめるように製法に独自の工夫を重ねました。
スープは化学調味料の配合ではなく、豚骨をベースにした自然のままのコクのある風味が特徴です。
ちゃんぽん麺は最高級の小麦粉を使用、強力粉に中力粉および薄力粉をブレンドして独特のコシのある太麺に、皿うどん麺はサクサクと歯ざわりの良い細麺に仕上げました。
いつでもどなたでも栄養豊富でおいしい長崎の味が、お気軽に召し上がっていただけます。
  • 数量

「ちゃんぽん」の語源

鎖国時代、日本で唯一の開港地として外来文化を受け入れ、独自の文化を育てた長崎は、料理にも異国の味が漂うと言われます。中でもちゃんぽん(チャンポン)・皿うどんは、深い関わりのあった中国の影響を受けて長崎が生み出した日中混合の庶民の味として、名物のひとつとなっています。
ちゃんぽん(チャンポン)の語源には諸説あります。
1. 中国、福建省の方言で簡単な御飯の意味の、喰飯(シャンポン)がなまったもの。

2. ポルトガル語の「チャンポン(混ぜる・混合するの意味)」がなまったもの。

3. 当時の中国人の呼び方である「チャン」と日本人の「ポン」を取ってチャン+ポンと名付けた。

「ちゃんぽん」の歴史

ちゃんぽん(チャンポン)の由来も諸説あります。「明治初年、長崎人である本吉某が、丸山にて支那うどんをちゃんぽん(チャンポン)と名付けて開業したもので、ついにちゃんぽん(チャンポン)は支那うどんの固有名詞となった」と文献に残されています。また「勝海舟が丸山でちゃんぽん(チャンポン)を食べとても喜んだ」とも語り継がれています。この他、福建省の人たちが長崎市内(現在の新地中華街や館内)に出て、庶民相手に商売をするようになった頃、その明治31年代に、陳平順が貧しい中国人留学生に安くて栄養のあるものを食べさせようと、野菜くずや肉の切れ端などを炒め、中華麺を入れスープで煮込んだボリュームたっぷりの料理を作り上げ、ちゃんぽん(チャンポン)と名付けたとも言われています。
どの説にしても、麺好きの日本人の嗜好を巧みにとらえた、その名の通りまさに日本と中国が混合(ちゃんぽんになった)した料理と言えます。

*長崎空港内売店イメージ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページの先頭へ移動

PAGE TOP