10,800円以上お買い上げで送料無料

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

未成年の方への酒類の販売は行っておりません。
  • 冷凍便
商品コード: G-003

みろくや 冷凍ちゃんぽん・皿うどん各2食詰合せ[IC-30]

販売価格(税込): 3,402

関連カテゴリ

麺類 > ちゃんぽん・皿うどん

内容量:ちゃんぽん(麺140g、具材185g、スープ35g)×2
     皿うどん(麺60g、具材185g、スープ30g)×2
賞味期限:4ヶ月間(冷凍)

みろくやの「冷凍ちゃんぽん」は、コクのあるス-プとこだわりの麺が自慢の一品。TV番組でも紹介された「冷凍皿うどん」はこだわりのパリパリ揚麺にトロリとしたあんかけが絶妙です!
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・エビ・イカも入ってお鍋やフライパン一つでカンタンに調理いただけるので、はじめて作られる方へも安心してお送りいただけます。
  • 数量

「ちゃんぽん」の歴史

ちゃんぽん(チャンポン)の由来も諸説あります。「明治初年、長崎人である本吉某が、丸山にて支那うどんをちゃんぽん(チャンポン)と名付けて開業したもので、ついにちゃんぽん(チャンポン)は支那うどんの固有名詞となった」と文献に残されています。また「勝海舟が丸山でちゃんぽん(チャンポン)を食べとても喜んだ」とも語り継がれています。この他、福建省の人たちが長崎市内(現在の新地中華街や館内)に出て、庶民相手に商売をするようになった頃、その明治34年代に、陳平順が貧しい中国人留学生に安くて栄養のあるものを食べさせようと、野菜くずや肉の切れ端などを炒め、中華麺を入れスープで煮込んだボリュームたっぷりの料理を作り上げ、ちゃんぽん(チャンポン)と名付けたとも言われています。
どの説にしても、麺好きの日本人の嗜好を巧みにとらえた、その名の通りまさに日本と中国が混合(ちゃんぽんになった)した料理と言えます。

「みろく屋」について

みろく屋は東京オリンピックが開催され、東海道新幹線が開通した昭和39年に創業し、一環として長崎を代表する麺料理である長崎ちゃんぽん、皿うどんの製造・販売を通して、長崎の食文化を全国のご家庭にお届けしてまいりました。
みろく屋はご家庭の食卓の和、美味しいものを食べる時の家族の笑顔をもっとも大切なものと考えております。これからも「おいしい笑顔、長崎から。」をコーポレートスローガンとして、長崎の食文化を全国のご家庭に届けてまいります。

*長崎空港内売店イメージ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページの先頭へ移動

PAGE TOP